ザ・スペイスメン
AWA CRAZY DANCE
アワ・クレイジー・ダンス / CD

レーベル Bridge
購入数
Soldout
1965年リリースの祭り〜民謡のエレキカバーで、しかもとことん、祭りにある狂騒を意識したダイナミックなアレンジがあまりに強烈で、楽しくずっこけそうになりつつ、かっこよさにしびれてしまう名演ばかり!!
聴くたび衝撃を受ける全く聴き飽きない名盤。

ザ・スペイスメン
田代 久勝(リードギター)
稲毛富士夫(サイドギター)
原田 良一(ベース)
平野 忠宏(エレキベース)
池野 成秋(エレクトーン)
亀井 一郎(パーカッション)
堀直 昭(ドラム)

藤圭子「圭子の夢は夜ひらく」の編曲でおなじみの原田良一は、終戦直後からジャズ、カントリー&ウェスタン、ハワイアン、ロカビリーと日本のポップスシーンで活躍してきたギタリストで、エレキブーム時にはザ・スペイスメンのリーダーとして15枚のインスト・アルバムを遺し、また、橋幸夫の一連のリズム歌謡モノに深くかかわってきたことで知られる。