Keiichi Sugimoto
PLAY MUSIC 2CD

レーベル Weather / Headz
販売価格
2,700円(税200円)
購入数
FourColor、Vegpher、FilFla、Fonica、そして個人的には最も大好きなMinamo等さまざまなユニットで、さまざまなスタイルの見せて来た杉本佳一の、初めて本人名義でリリースされたアルバム。

最近は、演劇の音楽も手掛けていて、フェスティバル/トーキョー主催作品であった宮沢章夫の遊園地再生事業団による『トータル・リビング 1986-2011』の音楽担当をはじめ、バストリオの諸作品、今年上演された、マームとジプシーの『ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと―――――』にはFilFlaの『Frolicfon』収録「WST」が使用されるなど演劇界から注目されることになり、このアルバムでは、これまでに提供して来た演劇用の楽曲を厳選して、宮沢章夫が作詞を担当し、Moskitooがボーカルで参加した“Curtain Call”、バストリオの今野裕一郎が作詞を手掛け、名児耶ゆりがボーカルで参加した“リンダ”などを含む全53曲収録。CD2枚組。

いままでやってきたユニット等のさまざまな要素が詰まった、集大成的な内容だと思います。