Tenniscoats
ぼくたちみんなだね
We Are Everyone / CD

レーベル majikick / rover
購入数
Soldout
精力的にライブを行い、そこで様々な音楽家らと共演し(今作には不失者の小杉淳とTim Barnesが参加)、プカプカ・ブライアンズやその他色々の活動や自主レーベルの運営などを通して、更に大きくなったテニスコーツの2004年リリースの3枚目、初のフルアルバム。録音、ミックスも今まで同様自らやっていますが、このアルバムでは声や楽器以外の様々な音を細かく丁寧に、膨大に多重録音してまとめていて、2人にしか出せない空気感と、エフェクターの効果とはまた別なゆらぎや浮遊感がしっかりと伝わってきます。歌声は細かい息づかいまで伝わり、ギターのゆらゆらした音の繊細な響きなども含め、狭い部屋で目の前で演奏しているかのような生々しい音質に確実に引き込まれます。ました。曲はもちろん、当然、全曲メロディアスで本当に素晴らしいです。名盤です。